柚餅子総本家 中浦屋は、輪島で明治四十三年に創業して以来、

お菓子を作り続け百年余の歴史を刻みました。
 

1910年の創業から、柚餅子などの和菓子をはじめ食品の製造販売を行い、
世界農業遺産である能登半島輪島に本社を置き、
日本の歴史と伝統を大切にしながら新しい取り組みに挑戦し続けています。